イチョウ葉エキスサプリとは?

イチョウ葉エキスサプリとは?と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
健康ハーブの一種としてイチョウ葉が注目を集めているのですが、そのイチョウ葉から抽出したエキスの効果もまた大変注目されているのです。
特にイチョウ葉エキスの中に含まれているポリフェノールの一種であるフラボノイドはイチョウ葉エキスの中には30種類以上もあるとされており、またギンコライドという有効成分が強力な抗酸化作用を持っており、このフラボノイドとギンコライドが健康に有効な成分であるといえるのです。

 

具体的にはどのような症状に対し効能、効果があるのかというと、「アルツハイマー型認知症」「加齢による認知機能の衰え」「抑うつ気分」「喘息」「アレルギー」「生理前症候群(PMS)」「視力の衰え」「加齢による難聴」「末梢血管障害」「高血圧」「更年期障害」「耳鳴り、めまい」「心臓病」「脳卒中」「糖尿病性網膜症」「高山病」「冷え性、肩こり」など、このようにかなり多くの症状に有効だと言われています。
イチョウ葉エキスが多くの健康的な効果をもたらす理由とはどのようなことがあるのでしょうか。
まずイチョウ葉エキスには強力な「抗酸化作用」があり、悪玉コレステロールの酸化を抑制する力がありますので、酸化から細胞壁や血管壁を守ってくれるのです。
次に「抗血液凝固作用」があり、血液をサラサラにする作用があり、赤血球を柔軟にして、お互いにくっついたり血管壁への沈着を抑制してくれるのです。
次に「血管拡張作用」として、血管の収縮や弛緩に関係する物質の分泌にイチョウ葉エキスが関わっており、血管を収縮させる物質を抑制する働きがあり、さらには動脈や気管支の収縮を妨げて血管を拡張させてくれます。
他には「抗炎症作用」があり、血小板活性因子は血液の流れを悪くしてしまうのですが、この血小板活性因子の働きを強力に押さえる力を持っているため、アレルギー症状である気管支炎やけいれんなどの症状を軽くする効果につながるとされています。
さらには「神経伝達物質の活性化作用」もあるとされており、脳の機能を向上させ、神経細胞同士間の神経伝達物質の働きを正常にしてくれるのです。
このことからアルツハイマーなどの認知症の治療や抑うつ気分の改善などの効果が期待できるとされています。
またその他の効果として、冷え、めまい、耳鳴り、肩こりなどの主に血行不良による不調にも効果があるとされています。
様々な症状は行きつくところ血行や血液になんらかの関係があるということなのです。

 

このようにイチョウ葉エキスには多くの効果が期待できるといえるのですが、イチョウ葉エキスは医薬品としても活用されていますので、イチョウ葉エキスサプリで確実に効果が得られるかどうかの期待は過大にしないほうがいいといえます。
ですが、イチョウ葉エキスサプリを飲み続けることによって改善する可能性はありますので、健康のためにもイチョウ葉エキスサプリをおすすめします。