イチョウ葉エキスサプリの主成分

イチョウ葉エキスサプリの主成分は、約13種類のフラボノイドとイチョウ独自の成分であるギンコライドというものになります。
このフラボノイドの中にはイチョウ葉にしか含まれていない特殊な二重フラボンというものが6種類も含まれているのです。
この「二重フラボン」には、血管(特に毛細血管)を拡張して血行を促進させる働きや、脳動脈や心臓の血流を増加させて、血管自体の硬化を防ぐ働きを持っているのです。
血液をきれいにしてくれる作用(血糖値の正常化、活性酸素の除去)と、血管を強くする作用(細部の毛細血管にいたるまで)があるということなのです。
イチョウ葉エキスにはフラボノイドの他に、ギンコライドA、B、C、Jとピロパライドの2つの成分があり、とても重要な成分とされています。

 

今注目を浴びているのが、イチョウ葉エキスの血流を改善する作用で、なかでも脳の血流に対する作用になっているのです。
脳にとって非常に重要なのが、血流なわけですが、体内では酸素や栄養素を運ぶために血液が流れており、その血液中に酸素や栄養素が溶け込んで体中を巡るのが血液の役割になっています。
「脳の酸素不足」などという言葉を聞いたことがあるとは思いますが、脳は酸素や栄養素を沢山使いますので、血液の流れはとても大切になってくるのです。
脳にとって必要な栄養素は沢山ありますが、有名なのがブドウ糖ですが、その他にもギャバやホスファチジルセリンなどの物質も大変重要で、これらの栄養素を脳に送るためには血液の流れをよくするしかないのです。
このように血液の流れは大変重要なのですが、もし血液の流れが滞ってしまった場合、まず最初に脳がやられてしまい、血流が完全に止まってしまった場合には3分くらいで脳に障害が出てしまうというのですから、血液の流れはよくしておいたほうがいいといえるのです。
また、血流が止まるとまではいかなくても、ドロドロ血液などで血流が悪い状態が続いてしまうと、だんだんとその影響が蓄積され、なんらかの脳へのダメージが出てきてしまい、記憶力が低下してきたりなどの症状につながる可能性もあるのです。

 

このように脳と血液の関係がとても大切だということがわかっていただけたと思いますが、そこで取り入れたいのがイチョウ葉エキスサプリなのです。
イチョウ葉エキスサプリの効果は血流をサポートしてくれ、「毛細血管を拡張する作用」にはとても効果が期待できるのです。
毛細血管が多く張りめぐらされている脳だからこそ、毛細血管の拡張に効果があるイチョウ葉エキスサプリを飲むことで、酸素と栄養素をスムーズに脳まで届けてくれるわけですので、さまざまな脳の病気の予防にもつながるのです。
脳は一番大切ですのでその脳に効果があるのはとても嬉しいことですが、血流を改善することによってもたらされる健康効果はたくさんありますので、イチョウ葉エキスサプリは血行不良からくる色々な症状にとっても大変嬉しいサプリメントだということです。